鉄筋

型枠工事 断熱防露工事

絶対失敗しない複合板打込(外断熱工法)選びのコツ

この工法は、積雪寒冷地の厳しい気象条件に対応する有用な建築技術の一つであり、北海道内における採用実績も多数あります。

また、地球環境保全の視点からも優れた建築技術として認識されています。




鉄筋工事

人気の機械式杭頭接合工法を体験してみました!その手順とは?

今回紹介する「NCPアンカー工法」は、既製コンクリート杭(PHC杭・ PRC杭)の杭頭端板に設けられた雌ねじに、NCPボルトの雄ねじ部を螺合し、かつ、内面に非螺合部(ねじ無し部)を設けたNCPカプラーを雄ねじ部に装着して締め付ける事により、雌ねじとの接合部の直上に雄ねじの伸び部を形成し、かつ、緊張して接合部に軸力を導入して接合する工法です。

杭・地業工事 鉄筋工事

現場に出る前に知っておくべき杭頭補強筋のこと

杭頭補強筋です。 以前、「パイルスタッド」という記事にて、杭頭と基礎との、あたらしい接合方法を記述しました。 今回は、元来施工されてきた一般的な、杭頭補強を紹介します。 これは、杭頂部を基礎に締結する ...

鉄筋工事 試験・調査

建築工事現場における 「鉄筋圧接部 超音波探傷試験」概略

1994年、鉄筋のガス圧接工事標準仕様書において、鉄筋ガス圧接部の検査における主たる検査方法の位置づけが、従来の引張試験から、外観検査と超音波探傷検査に変わりました。 最近は、超音波探傷試験が主流とな ...

鉄筋工事 試験・調査

恥をかかないための最低限の「鉄筋圧接引張試験」知識

鉄筋工事におけるガス圧接作業に関しては、以前も記事(2007/12/14ガス圧接)にしましたが、今回はそのガス圧接部分の、破壊検査である引張り試験を紹介します。 鉄筋の圧接部分の検査は、圧接箇所の全数 ...



鉄筋工事

専門家が教えます!今こそスラブ配筋を理解しよう!

スラブの配筋は、主筋(短辺の方向の鉄筋)と配力筋(長辺の方向の鉄筋)で構成され、開口部等で補強の鉄筋が入る部分もあります。