建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

軽量鉄骨壁下地(その2)

わたしのこのサイトのなかで、2番目に人気がある記事が「軽量鉄骨壁下地」です。
今回は、その第2弾です。
前回の記事と合わせて、一読下さい。
最初に「軽量鉄骨」LGS壁の長所を紹介します。
1.施工性がよい。
鉄骨造やRC造の場合、溶接やコンクリート釘などにより簡単に下地を組み立てることができます。
2.木下地と比較すると、それほど熟練能力を必要としない。
3.木下地に比べ単価が安い。
4.シロアリなどの被害がない。

続いて、LGS壁の短所です。
1.壁の下地は、幅により軟弱さがある。
2.溶接を使う場合は、火災の危険性がある(これは、LGS工事自体が、ウレタンなどを吹いた後の工程になるので、過去においても火災例が多々あります)

それでは,最初に材料の種類です。
LGS壁は、基本的に「スタッド」「ランナー」「振れ止め」「開口補強材」で構成されています。
幅の寸法で、50形から100形迄あり、それぞれで使用出来る高さが決まっています。
(下表右列参照)
それ以上の高さの場合は、一度その高さで水平材(H鋼など構造的に耐えうる材料)で受けてから、その上に足すことになります。

下表(材料寸法表)
(クリック拡大)
軽量鉄骨壁下地01

組み立て完成標準図を下記に紹介します↓
(クリック拡大)
軽量鉄骨壁下地02 軽量鉄骨壁下地03

墨出し(位置出し)を行い、材料の段取りが完了すれば、すぐに組み立てることができます。
以前は、床に出した墨を「下げ振り」を用い上部スラブ等にあげていたのですが、最近はレーザーポイント等の機械ですぐに正確な位置出しが可能になりました。
これからますます、現場のスピード化が促進されるのでしょう。

最後に、某現場における軽量鉄骨壁(間仕切り)の写真を紹介します↓
軽量鉄骨壁下地04 軽量鉄骨壁下地05
薄板軽量形鋼造建築物設計の手引き
【種類別工具】トラスコ中山:TRUSCO 一般軟鋼用溶接棒心線径3.2棒長350




**関連記事も御覧下さい**

手摺取付状況(金属工事)

マンションにおいて、外部階段に手摺を取り付けている作業状況を、紹介します。 建築における金属工事に

記事を読む

手摺取付状況01

建築工事における、バルコニー手摺(BL基準)

バルコニー手摺に関して、記述致します。 建築工事における手摺の主用途は、開口部からの転落を防止した

記事を読む

天井LGS06

軽量鉄骨天井下地(LGS工法)

以前、軽量鉄骨壁下地の記事を掲載しました。 今回は、おなじ材質の軽量鉄骨を使用した天井下地を紹

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑