"/>

杭・地業工事 鉄筋工事

いつだって考えるのはパイルスタッドのことばかり

投稿日:2007年9月1日 更新日:

総入場者数 5,766 人


杭頭補強接合工法を紹介します。

杭頭と基礎との接合方法は、建築工事共通仕様書において、半固定(A形)と固定(B形)の2種類を規定しています。

A形は、基礎内に杭を10cm程度埋め込む事による半固定的なタイプです。

B形は、基礎フーチング内に杭径程度埋め込むタイプです。

以前から、杭頂部を基礎に締結する工法としては、パイルキャップにて杭頭を塞ぎ、そこに杭頭補強のための鉄筋かごを組み挿入し、中詰めコンクリートを打設する方法が一般的でした。

もちろん現在でも主流のひとつではあります。

今回紹介するパイルスタッド工法とは、杭頭端部鋼板に接合用鉄筋としてパイルスタッド鉄筋(KSW490)をスタッド溶接する工法です。

既製コンクリート杭と基礎スラブの接合技術のひとつです。

杭頭接合部の高い信頼性と工期の短縮を実現しています。

確実な応力伝達と、鉄筋量選択巾の充実が、特徴です。

杭頭処理工程の短縮にもつながります。

品質保証としては、パイルスタッド溶接技能者による施工が必要です。

いずれにしても、いろいろな工種にて新しい工法が出てきていますね。

下の写真は、溶接取付け状況と、曲げ試験状況です↓

pailstad01

pailstad02
建築技術者のためのJASS4杭工事Q&A(2005)




-杭・地業工事, 鉄筋工事
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.