"/>

型枠工事

何はともあれ、まず最初に入れておくべき「天井インサート」入門

投稿日:2009年3月1日 更新日:

総入場者数 56,806 人


今回は、建築物に主に持ちいられる「天井インサート」を紹介します。

RC造の建築物において、型枠に取付け、コンクリートに打ち込むものは、たくさんあります。

天井インサート、設備スリーブ、設備用インサート、電気配管、レジスタースリブ、エアコン用スリブ、避難ハッチ、鉄骨アンカーボルト、サッシュ用溶接アンカー、耐震スリット(最近は非常に多く、大切です)、エレベーター用吊フック、手摺取付用アンカー、などなど。。

そのなかでインサート金具とは、あらゆるコンクリート建造物の天井や側壁に、さまざまな部材、機材類を取り付けるために必要な取付金物を称します。

コンクリートの壁・天井等に、なにかしらの部材を取り付けるためには、通称コンクリートアンカーと呼ばれるボルト、またはメネジの金具を打ち込んで取付金具と締結します。

このコンクリートアンカーには大きく分類して二つのタイプがあり、ひとつは完成したコンクリート面に後から穴開け作業を加えてアンカーを打ち込む「あと施工方式」(あと打ちアンカー)と、もうひとつはコンクリートを流し込む前に、前もって型枠に金具を装着しておく「まえ施工方式」です。

一言で称すると、建築用のインサート金具とは、この「まえ施工方式」による、メネジ埋込みアンカーの総称です。

さて、天井インサートです。

建築物における一般的な天井組立は、最近はほとんど軽量鉄骨下地によるものです。

過去記事「軽量鉄骨天井下地(LGS工法)」参照。

その場合、900ピッチ程度にコンクリートスラブより、吊りボルトを下げて、下地を組んでゆきます。

つまり、インサートの数も天井面積により、かなりの数量になります。

ここが一番のポイントですが、

まえ施工方式によるインサート作業は、あと施工方式のようなコンクリートに対する穴開け作業が必要ないため、施工上のトータルコストが大巾に下がります。

つまり、大型の建築物件や軽天工事など、インサート金具を大量に使用する場合には、大きなメリットとなるのです。

また、機械設備など重量物の設置においても、埋設の深さなど、金具のネジ径、長さ選定だけで施工でき、安全性、安定性、信頼度からも高く評価されているのです。

天井インサートの種類ですが、大別し、型枠用とデッキ用があります。

更に用途に応じて、断熱材や耐火材吹付用があります。

材質についても、一般スチール製の他にステンレス製や、結露防止目的のオール樹脂製品(断熱インサート)などが、販売されています。

もちろん、吊る重量により、太さ長さがそれぞれ分けられています。

施工手順として、最初にインサートの割付図を作成します。

つまり、天井から吊る設備機器等も全て含めて、どの位置にインサートを設置するのかを施工図としてあらわすわけです。

周辺部150mmとか、カーテンボックス用とか、小梁の位置とか、結構900ピッチで単純にとはゆかず、頭を使います。

その後、使用するインサートのタイプを決定します。

合板型枠にインサートを取付ける場合、普通は「釘」を使って仮止めします。

しかし、型枠解体後にスラブ下に残った釘は危険ですし、錆や結露の原因ともなります。

そのようなことを防ぐために、「樹脂釘タイプ」又は「釘処理不要タイプ」のインサートを使用する場合もあります。

他に注意することで、よく行なうのは、インサートの色分けです。

つまり、建築は黄色、設備は赤、電気は緑、などと決めておき、コンクリートを打ち込んだあとでも、自分の分野の使用するインサートが一目で分かるようにしておきます。

下記写真は、某マンション現場において、天井インサートをスラブ型枠に取付けている状況と、物干金物専用インサートの取付状況です↓
(クリック拡大)
天井インサート01 天井インサート02 物干金物専用インサート01




-型枠工事
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.