建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

屋根の雨漏れを、ウレタン防水で完全修復 その1

以前、塗膜防水工法(ウレタン防水)を紹介しました。

今回は、既設建物における屋根改修工事です。
内容は、老健施設を、建物を利用しながらの「改修」です。

完成写真(クリック拡大)

屋上に、ウレタン防水を採用した理由は下記となります。

 
1.施工の自由度が高い

今回の工事では、一部、ELV塔屋が屋上に突きだしてきて、その部分はALC下地となり、取り合い部分が複雑な形状となります。
シート状の防水材を張り合わせるのと異なり、液状材料を塗布して成形する塗膜防水は、複雑な形状にも納まり良く防水層を形成できます。

2.既存部がシート防水である。

シート防水を張替えるより、経済的です。
また、化学反応で強力に接着する塗膜防水だからこそ、主材であるウレタン防水材を塗り重ねるだけで防水性能を復旧、増強が可能です。
重ね塗り改修(オーバーレイ改修)が可能なため、将来の改修時にも低コストで改修できます。

3.信頼性

不定形な液状材料を塗布して現場成形する塗膜防水は、防水層の弱点となりやすいジョイントがないため、水密性の高い防水層を形成できます。

4.臭気と無公害

アスファルト防水は、煙や臭気が発生するので、今回の現場環境下ではその点が、難点となります。
ウレタン防水は、居住者および近隣からの、臭気苦情を軽減します。

以上の検討より、ウレタン防水を使用しての施工となりました。

既設屋根はシート防水を施してあり、シートの亀裂・破れ・ふくれなどが多々見られます。
今までは、部分的にパッチ補修を行ってしのいでいましたが、今回シート防水の補修も含め、全面にウレタン防水を施します。

それでは、最初に今回使用した材料を紹介します。
(クリック拡大)


作業フローチャートは、以下となります。

 
1.下地の確認

1)下地防水層の浮き、あばれ等不良箇所を確認する。
2)その他、施工に支障がある場合は、速やかに工事の監理者に連絡し協議を行う。

2.下地の清掃

1)下地が充分乾燥していることを確認する。
2)下地に水たまりの発生がないことを確認する。
3)ドレン周りの清掃を行い、ストレーナーを一時撤去する。
4)全体の清掃を行い、埃・塵・泥土などをきれいに取り除く。

今回は、ここまでとします。
次回は、引き続き、作業の流れを紹介します。

ウレタン塗膜防水施工マニュアル
これがペンタイプ簡易膜厚計ハリーペンだ!!【送料無料】ハリーペンウレタン防水用簡易膜厚計




**関連記事も御覧下さい**

どんどん進化しているウレタン防水の世界がとっても魅力的!

現在、ウレタン防水が、いろいろな方面で使われ、進化しています。 メーカーは、TPOに合わせて、

記事を読む

鉄骨造の屋根を、ウレタン防水で施工しました!(建築工事現場)

今回は、S造2階建ての屋上に、ウレタン防水を施しました。 ウレタン防水に関しては、過去に4回記事に

記事を読む

アスファルト防水-その3

アスファルト防水-その2に引き続き、その3です。 前回は、プライマー塗付及びアスファルト溶融ま

記事を読む






  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑
Designed by Kjpargeter / Freepik