建築工事 断熱防露工事

ウレタン吹付工法を完璧に施工する3つのテクニック(北海道の寒さ対策)

投稿日:2018年5月22日 更新日:

総入場者数 886 人

今回は、断熱・防露工事の、ウレタン吹付工法を、ビデオ付きで記事にしました。

以前、紹介したウレタン吹付工事に関連した記事です。↓

今迄、いろいろ書いてきましたが、施工するにあたって、注意するポイントを三つ紹介します。

下記を、ご覧下さい。

  • テクニックその1 ・・・・・・できるだけ均一に吹き付ける!
  • テクニックその2 ・・・・・・火気厳禁! 
  • テクニックその3 ・・・・・・養生がすべて!

それでは、テクニック1から説明します。

ウレタン吹付工法は、壁天井などに、ウレタン材をガンから吹き付けるのですが、厚さ通り吹くのには、経験と技術が不可欠です。
(最後のビデオ参照)

最近、ほとんどの建物は、内部壁・梁・スラブにウレタン吹付を施工します。
つまり、断熱材(スタイロフォームなど)を貼り付けるのではなく、ウレタンを吹く事が多いのです。

一般的なウレタン吹付厚さは、以下の通りです。
壁・・・30mm、40mm、50mm
梁・・・壁同等
スラブ・・・一般階(外部巻き返し部分)20mm、30mm
      屋上 50mm、60mm、70mm
もちろん、上記の数値以外の場合もあります。
(下記参照)
1.北側の壁は、他の方位の壁より厚く吹く。
2.一般階のスラブを、すべてウレタン吹付とする。

厚さを均一に吹き付けることは、材料の無駄を防ぎ、施工精度の向上につながるのです。

次のテクニック2は、火気厳禁です。

これは、ウレタン吹付施工のすべてに優先されます。
つまり、火を使う作業は、並行しては、絶対に禁止です。
詳しくは、以前の記事「ウレタン工事と現場火災」を参照下さい。

最後に、テクニック3「養生がすべて」です。

施工する際に、ウレタンを吹かない部分は、すべて薄ビニル・ブルーシートなどで、養生します。
この作業は、結構時間がかかります。
また、養生すると他の作業が出来なくなるので、この養生〜吹き付け作業〜養生撤去までの一連の流れが、全工程に影響を及ぼします。
もちろん、開口部、窓、吊り棒、床など、養生する範囲は多岐にわたり、その精度も要求されます。
施工前に施工範囲・工程などの、綿密な打合せが必要です。

養生を見ると、施工業者の程度がわかると言っても過言ではないでしょう。


以上、この3ポイントをしっかり押さえれば、ウレタン吹付工法を、問題なく施工できます。

最後に、ウレタン吹付状況を、ビデオで紹介します。

これからはウレタン吹付け工法が必要不可欠です。
ぜひ一度、施工してみてください。

 

 




-建築工事, 断熱防露工事
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 「けんけんちくちく」建築情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.