建築情報「けんけんちくちく」
建築関係の方、必見です。あらゆるノウハウが満載です。工種をカテゴリー別に分類しています。作業手順などを写真、ビデオでわかりやすくまとめています。

*

建築工事現場の、基礎鉄筋組立状況(ビデオ編)

公開日: : 最終更新日:2014/02/16 総入場者数 4,017 人
鉄筋工事 , , , , , , , , , , ,

建築物の基礎鉄筋を組み立てている状況を紹介します。

むかし、わたしが若いころ、鉄の棒をどうやって組み立てるのだろうと、いつも疑問に感じていました。

毎日、現場で組み立てるのを観察し、その技術に感銘を受け、感服しました。

どのように加工して、どのように組み立てるのかということを、現場で学びました。

どうなのでしょう。

日本人のこの器用さ、正確・精密さは、世界でもトップクラスではないのでしょうか。

他国と比較をしてみたいです。

本当にきれいに組み立ててゆきます。

もちろん、かぶり・定着長さ・継手長さ・継手位置・主筋本数・スタラップピッチ・フープピッチ・フック形状・開口補強・
その他、すべての細かい規定を満足して、組み立てるのです。

夏の暑い日は、鉄筋が異常なほど熱を帯びます。

触るだけでも大変です。

屈んで行う作業も多く、腰には一番こたえます。

重労働でしょう。

そのような作業を、今回はビデオにて紹介します。

基礎の配筋組立状況です。

建物の基礎は、ベース・柱・地中梁(大梁・小梁)・耐圧板などに分類されます。

鉄筋を組む順番として、最初にベース部分の下筋を組み立てます。

その後、柱筋を組みフープを巻いてゆきます。

そこまでの手順を、ビデオにアップしました↓

その後、ベースマン、基礎ベース(過去記事 鉄筋受架台)などを使用して、地中梁を設置します。

鉄筋同士は、重ね継手若しくは、圧接して繋いでゆきます。

その手順です↓

このように、すべての工程・流れを、確実に正確に手順よく進めてゆきます。

地中梁にスタラップを巻き、完成です↓

この後、かぶりを取るためのスペーサー類、土間・壁などの差し筋を行います。

ざっと流れを紹介しました。

今後、鉄筋工の技術に、もっと高い評価を与えるべきと感じます。

鉄筋最前線―鉄筋工事の「なぜ?」を解きほぐす




**関連記事も御覧下さい**

過去に紹介した、鉄筋工事のまとめ記事

今までに、カテゴリー「鉄筋工事」は、20回紹介しています。 (クリック拡大) 鉄筋工

記事を読む

鉄筋工事 (ガス圧接)

下記写真は、某マンション(RC造10階建て)の、8階部分の梁の鉄筋をつないでいる作業状況です。

記事を読む

現場に出る前に知っておくべき杭頭補強筋のこと

杭頭補強筋です。 以前、「パイルスタッド」という記事にて、杭頭と基礎との、あたらしい接合方法を

記事を読む


  • いつも素晴らしい資料のアップを
    ありがとうございます。

    楽しみにしておりますので頑張ってください。

    群馬日建工科専門学校 田島常夫

  • 力童さん、はじめまして。
    いつも見ていただいていることが、私のこのサイトの一番の活力になります。
    これからもよろしくおねがいします。

  • 匿名

    鉄筋は難しい。もっと技術力をかってほしい。もっとみんなにわかってほしいです。

  • 同感です!技術力=対価のバランスが崩れていると思います。
    これからもよろしくおねがいします。





  • にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
トップへ戻る ↑